読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳からのミニマリスト宣言

夫と猫さえいれば良い、となれればよいなあ

『服を買うなら、捨てなさい』


昔から割とシンプルな服が好きで、(迷走した時期もあるけど)
黒Tにジーパンとか大好きな私ですが

特に最近、よく『ベーシック』×『こなれ感』とか、『少ない服で着まわし』とか、そういう本をよく見かける気がします。


最近のトレンドなのかな?
それとも、25歳〜30歳ぐらいになるとみんなベーシックに回帰するの?だから目につくのかな?

わからないけど、私にとってはありがたい流行であることは確か。

こないだも白シャツ買えたし!(^ν^)うれし!



そして今日はこの本を読みました。

以下一部抜粋。
今は、シンプルに生きるべき時代なのだと思います。
「ないと困る」「持っていなければいけない」という恐怖心や義務感で物を増やしているままでは、何か起きても即座に動くことはできません。
必要なのは「ない」という不便に慣れ、「工夫」という知恵を生むことです。それがひいてはセンスのアップにもつながります。

確かに、自分のスタイルを確立してしまえば楽だよなあと思います。
小物でもいい。蝶ネクタイとか、ねじねじスカーフとか、自分の象徴になるもの。

その点、K氏は基本的に着る色が決まってるので、クローゼットのグラデーションが綺麗です。

f:id:natachiki:20150429001814j:plain

こんな感じで、白/グレー/黒/差し色にビビットな青 のみ。
そしていいものを着る。



大学生の頃は毎日違う服を着るのが当たり前で、ぽんぽん服買ってたなあ。

だからファストファッション万歳!て思ってたし、今も好き。
スニーカーだってヒールだって両方履きたいもんね。

ただ最近は意識が少し変わったなーとは思う。

長く使える、ベーシックにお金をかける喜びというか、大人の階段的登ってる感?笑 を知りました。

白シャツに1万円以上も出すなんて、昔の私だったら絶対にありえなかった!

でも今は、その白シャツを見るたび、手に入れた喜びと、どんな風に着よう?っていうワクワクがあります。

白だから、シャツだから、どんな感じでも大概大丈夫だもんね!
ある意味コスパ最強かもしれぬ


それに、今の仕事は制服だし、インナーだけ変えてあとは全部昨日と一緒でも、社用通用口の警備のおじさんに「あれっ」て思われる程度だから問題なし。