25歳からのミニマリスト宣言

夫と猫さえいれば良い、となれればよいなあ

大量の本は電子化してしまおう

本が好きです。よく読むほうだと思います。

学生の頃は、父の本棚からランダムに選んで読みふけったり。(そして女子高生だった私は東海林さだお丸かじりシリーズにハマる)

おにぎりの丸かじり (文春文庫)

おにぎりの丸かじり (文春文庫)


漫画も好きだし、エッセイも好きだし、小説も好きだし、写真集も好きだし、ってんでどんどこ本棚は拡大していきました。

大学では文学部だったので、授業で使う書籍が加わり、また拡大。

結婚し、ブックオフ大人買いが趣味になり、さらに拡大。

シンプル部屋にするにあたって『本棚の整理整頓』には大いに悩みました。

そんな時に姉に教えてもらったのが、
BOOKSCANでした。


本を送ると裁断&電子化してくれるこちらのサービス。
裁断した本は電子化され、自分のアカウント上に本棚が作られます。
一度電子化した本は、PCやタブレットやスマフォさえあればいつでもどこでもDLできて手軽に読書が楽しめるのです。

料金体系は
  • 一冊100円
  • 50冊上限で一ヶ月スキャンし放題、約10000円(その他の特典あり) 
から選べます。私はもっぱら後者のプレミアム会員を選ぶよ。一冊あたりの単価は高くなるけど、そのかわり色々とスピーディーになるから。

しかも、一度電子化した本を閲覧するために料金が発生することはないので、かなりお得なサービスだと思います。



もうね、何がいいって、

旅行の時→ガイドブックをスキャンしておく
引越しの時→荷物が軽くなる
勉強の時→重い参考書を持ち歩かなくてよい
どれだけ助かったかしれません。


AMAZONブックオフで買った本を一度紙で読んで、
→もう読まないかなっていう本は売る
→また読むかもっていう本はBOOKSCAN。

電子化してしまえば汚れとかも気にならないから古本で充分。

私はほぼすべての本をスキャンし終えたので、今は家に50冊ぐらい本が溜まってきたらその都度プレミアム会員になって送る、という使い方をしてるよ。

物を捨てていく中で、洋服と並んで本が捨てられないっていう人は多いけど、電子化に抵抗がなければBOOKSCANはかなり使えるサービスなのでは。


私は読み心地で言えば電子本より紙媒体のが好き。でも、いつでも気分に合わせて本が読めるっていう快適さを知ってしまってからは、好きな本・よく読む本こそ電子化すべき!という考えになりました。

ちなみに一番読み返すのは

共喰い (集英社文庫)

共喰い (集英社文庫)

乳と卵(らん) (文春文庫)

乳と卵(らん) (文春文庫)


この2冊かしらん。
中毒性のある文体は、ふと『どういう言い回ししてたっけ?』と思い出したくなる時があるのよ。