25歳からのミニマリスト宣言

夫と猫さえいれば良い、となれればよいなあ

ホテルで暮らした話


大学生の頃。

訳あって、週の2〜3日を品川のホテルで、残りを実家で、という生活をしたことがあります。


感想。
テンション上がる。
女優になった気分。あくまで気分。
部屋が美しいと、自分もそれに相応しい人間なんだって錯覚に陥る。あくまで錯覚。
優雅な時間が流れる。
短期間の滞在とは全然違った感覚。


今、私もK氏も縁あってホテルに関わる仕事をしているのですが、だからと言ってホテル大好き!とかそーゆーのでもなく。

どちらかというと二人とも旅行先での滞在費にお金をかけたくない派です。(海外なら別ですが)
お金をかけてホテルに短期滞在することに興味がない。この間のGWに四国行った時も車中泊でした。

でもホテル暮らしに関してはちょっといいな〜と思う。1ヶ月、2ヶ月とか、週に2〜3日とか。したいな。

K氏に5〜6年間の海外転勤の話が何度か出てるのですが、(そしてその度に消えている)、その転勤が実現すればホテル暮らしなんです。
めっちゃいいじゃん!行きたい!ってはしゃいだけど、実際に行った人の話を聞くとかなり辛いらしい。
同じスタッフと毎日顔をあわせるからプライベートがなくなるとか、部屋にキッチンがないから食事に飽きるとか。
住み慣れた日本でのホテル暮らしと海外でのホテル暮らしはまた変わってくるのかな。

まあ今は愛する猫がいるので、どちらにせよホテル暮らしは無理ですね。もしK氏が転勤になれば単身赴任していただきます。ごめんよK氏。がんばってくれ。

私が関わっているホテルにもやっぱり長期滞在してる方は一定数いて、芸能人だったり政財界人だったりするみたいですが、シンプリストの方の中にもホテル暮らしをしてる方はいるみたいですね。

まずはホテルのようなすっきりした最低限の暮らしを自宅で実現できるように頑張るかねー。