読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳からのミニマリスト宣言

夫と猫さえいれば良い、となれればよいなあ

ミニマリスト、シンプリストの方々に読んでほしい。

先日のこと。

親父がなたちきにこの本を是非読んでほしいって。貸すから読んでって。

と、K氏が持って来てくれた一冊の本。

なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?--数千年に一度の経済と歴史の話

なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?--数千年に一度の経済と歴史の話

 

 

もうね、ミニマリストの皆様、シンプリストの皆様、是非読んでほしい。

私は感動して、いや感動というかこう、ストンと腑に落ちる感覚というか、ああ、自分達が選んだ道は間違っていないんだっていう安堵感、認められたような嬉しさ。

スタバで泣いた。私は泣いたぜ。

本当はしっかりレビューというか感想文というかむしろ著者さんへのお礼状を書きたい位の気持ちなんだけど、とにかくこの本を読んでほしい、そしてどう思ったか聞かせてほしい教えてほしいと思い、ここに書いています。

 

読み終えた足で書店に向かって自分用に購入しようと思ったけど見当たらず、店員さんに聞いたら売り切れとのこと。明日、仕事の前に別の書店に寄ろうと思います。

 

あと3回ぐらい読み直して、ちゃんと噛み砕いてから感じたことをここにかけるといいな。