読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳からのミニマリスト宣言

夫と猫さえいれば良い、となれればよいなあ

ミニマリストを目指す私が、2015年買ってよかったと思うもの〜化粧品✕侍JAPAN編〜

掃除 断捨離 買ったもの シンプル

今週のお題「今年買って良かったモノ」

基本的に捨てること、手放すことを重視していますが

それと同時に、「モノのアップデート」を意識した一年でした。

 

  • 「なんとなく」を捨てて、「お気に入り」で揃える。
  • やっつけで買わない。

これを意識するだけで、かなり衝動買いも減りました。

 

ちょうど昨晩、夫K氏と我が家の財政事情について話していたのですが、

K氏曰く「引っ越してから不思議とクレジットの請求額が減ったんだよね〜」

とのこと。いい傾向!

 

私は貧乏症なので、「安けりゃいいや」という気持ちと

ミニマリストを目指す私のココロの、「質がよくて長く使えるものを選ぶのです...」

と叫びが混ざり合い戦いあい

結果、「ハイ&ローをうまく使いこなすオシャレさん」という立ち位置にいる、という設定にしております。

 

 

今年買ってよかったモノたち。

ハイ&ローでプチプラミックスな風味でご紹介致します。

せっかくなのでいくつかにカテゴリ分けしたよ。

 まずは化粧品部門

 

クレンジングオイル ハイ部門

シュウウエムラ ビューティークレンジングオイル

 450mlでお値段約¥12000。

高い!だが良い! 

 

「オイルクレンジングにはW洗顔が必要」というそれまでの概念をぶっ壊しました。

これを使ってメイクを落としたあと、洗顔は不要です。

なので、「夜にメイクを落としつつ」「朝の洗顔にも使える」。

まさにクレンジング界の二刀流選手、大谷翔平とも言える存在でしょう。

f:id:natachiki:20151121140721j:plain

 

"カシミアのようなテクスチャー"という謳い文句の通り、ややとろみがかったいかにも美容成分入ってますな液体は、気分をもぶちあげます。

 

「え?肌きれい?ありがとう。でも何もしてないの...化粧水も安いやつだし。あ、でもクレンジングだけはちょっと頑張っていいやつ使ってる。」

このクレンジングを使えば、こんなセリフがあなたの口から出てくるのも、そう遠くない日のことでしょう。

 

クレンジングオイル ロー部門

ちふれ クレンジングオイル

お値段220mlで約700円。 お値段シュウウエムラの1/8。

無着色、無香料、ノンアルコール。

そのシンプルなデザインと、簡単に手に入るお手軽さが良し。

ベタつかず、ワンプッシュで顔全体に馴染みます。

すべてをシンプルに、と願うミニマリストの心をくすぐる一品です。

 

 

フェイスパウダー ハイ部門

カネボウ ミラノコレクション フェースパウダー2016

 

お値段24gで¥12000。

LUNASOLのBAさんによると、カネボウは「粉モノ」の技術が他のメーカーより卓越しているとのこと。

 

その時私は下地を探していたのですが、「これ、本当に本当にいいからちょっと試してみない?」と、仕上げにミラノコレクションをはたいてくれました。

その仕上がりたるや、陶器のよう!下地+パウダーだけなのに。

こりゃ人気なわけだわ。一発でやられました。すぐに予約。(カモ)

 

パウダー界の女王、いやもはや王者たる貫禄、その風格から漲る自信、他とは一線を画す存在感。

フェースパウダー界の中田翔を名乗るに異論はありません。

f:id:natachiki:20151121141019j:plain

12月に届く予定なので、まだ「買って使用した」わけではないですが、

間違いなく2015年のベストヒットです。

(ちなみに、ドラッグストアで安く売っているミラノコレクションはドラッグストア用に作られているので若干成分が違うそうです。真の力を知りたいなら、銀座の百貨店で優雅にタッチアップしてから優雅に購入するのがオススメ。ただ土日の銀座は爆買いの聖地と化してますので平日が吉。)

 

フェイスパウダー ロー部門

 パルガントン UV365パウダー 
パルガントン UV365パウダー パールベージュ SPF30・PA++ 20g

パルガントン UV365パウダー パールベージュ SPF30・PA++ 20g

 

 お値段20gで¥1,500。

成分うんぬんについては様々な意見がありますので割愛。

蓋の裏部分がミラーになっているところ、パウダーが出てくる内蓋の穴が大きめでパウダーが出てきやすいところがお気に入りです。

付属のパフではなく、パウダー用のたっぷりしたブラシがあればそちらを使うのがおすすめ。

BBクリーム+こちらのパウダーで、十分なくらいきれいにカバーできます。

 

 ルージュ ハイ部門

マキアージュ ドラマチックルージュ

 お値段約¥3,000

 

「26歳になったし、自分だけの勝負色口紅がほしい!」

思い立ったが吉日生活、なたちきはたくさんのメーカーを見て回るも、

なかなか「運命の一本」に出会えない日々。

「自分だけの色探し」つまりそれは「自分探し」といっても過言ではないでしょう。

自分を見失ったなたちきは疲れ果てていました。かさついてゆくMY唇。

 

そんなとき、ふと入った近所のドラッグストアで、マキアージュを発見。

マキアージュか〜。水原希子かわええけどさ。試しに塗ってみる。

 

「これや」

 

 顔色が明るく見え、日本人の肌になじむ色合い。落ちにくく、適度な艶と発色。

そしてブランドコンセプトにやられた。

レディにしあがれ。

カワイイは、好き。
そう言われるのも悪くない。
でも、もっとその先へ向かってみたい自分がいる。
そう。この国には、上質で新しいオトナの美しさが
きっと宝の山のように眠っています。

さあ、あなたの奥に眠る「レディ」を呼び覚まそう。
品のあるしなやかな色っぽさが、
女度がグッとあがる快感が、待っているから。

そろそろレディな魅力で生きていくの方が断然、女は楽しい!と思います。

 

よし、

俺は、レディになる。 

そう決断させたこのルージュは、私の背中を押してくれる一本になりました。

勝負の時にこれを塗る。そうすると、どこからか勇気が湧いてくる...聞こえてくる声...

 

 

「あったりまえけん、絶対負けん!」 

 

f:id:natachiki:20151121141035j:plain

 

勝負の赤。やっと巡り会えた赤。

情熱の赤がチームカラーの広島東洋カープに属する前田健太のような華やかさ、奔放さ、何かが起こりそうな期待感を与えてくれたのは、日本のブランドマキアージュのドラマティックルージュなのでした。

 

☆☆☆ちなみに見て回ったブランド簡単レビューもよければどうぞ☆☆

CHANEL→そのポリシーたるや良し。色が持つストーリー性、デザインともに星5つ。「自分だけの勝負色」を探すにふさわしいブランド。だがなたちきに似合う色が見つからなかった。

 

イヴ・サンローラン→特にヒットしたティントインオイル。発色良し、馴染み良し、潤い良し、血色感良し。だがマンゴーの香りがなたちきにはダメだった。BAさん曰く、YSLの口紅類はすべてこの香りとのこと。残念すぎる。

 

エスティー・ローダー→婚活リップとして名高いクリスタルシアーリップスティック。外資系にしてはナチュラルな発色のものが多く、愛されコスメとしての地位を確立しているのも納得。だがなたちきが探している「信念をもった色」とは出会えなかった。しいて上げるなら#40 マンダリンスパイス。(マンダリンオリエンタルホテルのファンだから)

 

 ルージュ ロー部門

キャンメイク リップティントシロップ

 お値段¥650

2015年のメイクの流行はなんといっても「血色感」。

血の色がポッと透けて滲んで見えるような透明感、薄さ、そして赤色が人気を博しました。

このティントリップを使えば、¥1000以下で流行の最先端を取り入れられます。

まさにシロップ!なテクスチャーで、ぽんぽんと唇の内側に乗せれば、

ヘルシーでセクシーな唇になれちゃいます。

 

 

以上、化粧品部門でした。

f:id:natachiki:20151121140726j:plain

いかがでしたでしょうか?

なたちきはうまくハイ&ローを使いこなせているでしょうか?

みなさまのオススメ化粧品もあればぜひ教えて下さい。

次は生活編も書きたいと思います。

終わり。