読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳からのミニマリスト宣言

夫と猫さえいれば良い、となれればよいなあ

夫で遊ぼう

結婚4年目。

夫K氏と私なたちきは、付き合い始めの頃のようにラブラブかどうかはわかりませんが、仲は良いです。

K氏はアメリカ育ちのためかとんでもなく寒い親父ギャグを(みかんが見っかんないレベルのやつ)恥じることなく披露することがあります。
その時は軽く殺意を覚えるぐらい引きますが、基本的には愉快ないいヤツで遊び甲斐があるので、暇なときはよくふたりで◯◯ごっこをします。(性的なやつではない)


例えば。

リンパマッサージ店ごっこ

こんな時にオススメ:くだらないことで喧嘩した時に。イラっとした時に。

まず相手をベッドに寝かせ、優しくマッサージするふりをして油断させたところで相手のリンパを責めます。

リンパ節の流れが滞っていると、ちょっと押すだけでかなり痛い。そんな滞った流れの詰まりをとるように、親指で、時にはヒジで、いでででででで!と悲鳴が聞こえるまで押しまくります。
デコルテ、足の付け根、膝裏がおすすめ。

暴力はよくありませんが、これはあくまでリンパマッサージ。こっちはストレス解消できて心スッキリ、相手はむくみが取れて身体スッキリ。


「むくみが取れて目が二重になった!」(K氏)


同様に、かっさプレートでごりごり顔マッサージ、足裏ツボ押し、お灸などもおすすめ。



メンズエステごっこ

こんな時にオススメ: 愛情を伝えたいとき 

お給料日や、何かしてもらって感謝のキモチを伝えたいとき。
ちょっと豪華なディナーにするのもいいですが、どうせなら相手をブラッシュアップできるエステコースもいいもんです。

オイルで上半身マッサージ。(自分が使わなくなったオイルの消化にもオススメ)

薄毛予防に頭皮マッサージ。(ついでに薄毛への恐怖心を植え付けて高いシャンプーへの移行を促すと一石二鳥)

ネイルケア。(意外に喜ぶし簡単にデキルオトコ風醸せるのでオススメ)

鼻毛カット。(切るだけ簡単)

照明を暗くして、バリのガムラン音楽やヒーリングミュージックをかけながらやるとより高級エステサロンの雰囲気が出ます。


「わあ〜 つめが つるつるだ」(K氏)


男性の爪をあんまりツヤツヤさせるのは個人的には好きじゃありませんが。。



お嬢様ごっこ

こんな時にオススメ: 大事にされたいとき

あえて車の後部座席に座って、彼には運転手に徹してもらう。もちろんドアの開け閉め、飲み物サービスも。(白手袋を使って貰うのもよい)

なんでもない日に自分だけドレスアップして、色々な作業をやってもらう。(ドアというドアを開けてもらう、会計をしてもらう、店員さんにオーダーするのも任せる、背中のファスナーを上げてもらうなどなど)

だんだんエスカレートしてきて着替えや片付けや歯磨きなどもしてもらい「いつもすまないねぇ...」と介護ごっこになったりもしますがそれもまた一興。


「俺は要介護認定の妻を支える介護士だと自覚してるから」(K氏)



地獄の断捨離アン&アパレル店員ごっこ

こんな時にオススメ: 夫をおしゃれにしたいとき、服のテイストを変えたいとき

夫のボロっちくなった洋服を手放します。
ドン小西やピーコなど、好きなファッションアドバイザーになりきり、辛口目で行きましょう。

その後、UNIQLOや無印、GUなどのファストファッションストアに行き、夫が普段選ぶテイストとは違う服を勧めます。

「試着して!試着だけだから!」

「自分の殻を...破るんだ!」

「似合う似合う!似合ってるよー!シンプルな塩顔にシンプルなジャケットが映える!いいよいいよー!」

と、修造ばりに褒めます。

ただ靴下を買うだけでもよし。
下着類を一新するもよし。


服を買う気分じゃないときは、一人イタリアのママンごっこもオススメ。

清潔感第一!白いものは白く!シワは敵!
そんなおしゃれイタリア人男性のママンになったつもりで下着や靴下にアイロンをかけまくりましょう。私はこれでアイロン嫌いを克服しました。


ジャガーパンツ、買いに行こう...か」(K氏)


※ただしくはジョガーパンツです



高級レストランごっこ

こんな時にオススメ: 高い材料費をかけずに高級ディナーに見せたいとき

メニュー表を作ります。

Wordを使って、それらしいフォントを選び、なんとなくそれっぽいメニュー名をつけて、印刷。

ちょい厚紙に印刷して二つ折りにすればあら高級感。和食なら半紙に筆ペンもいいね。

料理自体は適当でいいんです。

缶チューハイを食前酒にしたり

タラコのパスタシシリー風とか(サイゼ)

あなたが品川に住んでいれば「潮風のサラダ 品川シーサイド風」とか

横浜に住んでいれば 「新玉ねぎの春風サラダみなとみらい風」とか

オムライスなら「トマト香るフライドチキンライスにとろとろの卵を添えて」とか 

テキトーに名前をつけます。

イタリアンならイタリア語でメニューを作っても楽しいよ。勉強にもなります。

ギャルソンぽい格好して、「こちら本日のメニューでございます」から始めます。
ひとりでシェフもやらなきゃなのでコース中はなかなか大変です。


「むっ!これはうまい...!ギャルソン、シェフを呼んでくれたまえ」(K氏)



他にもこんなんあるよ

K氏は母語が英語なので、英会話レッスンごっこ。

ふたりでメルカリやヤフオクに出品する品物にやたら詳しい損益分岐点分析や収支報告を作ってプロジェクトXごっこ。

家族みんなで「食わず嫌いの多いK氏が今まで食べたことのないモノを食べさせて誰の選んだものが一番美味しいか選手権」(酢こんぶから始まりもずくで終わりました)


などなど。
 

そんなくだらないことして遊んでたらもう4年も経っちゃったね。
こらからもよろしこ。